撮影での商品ご依頼はイベント21で丸っと完了!

2020年11月17日 │

こんにちは
数年前に比べて、体温がなかなか上がらなくなってきた根本です。

そんなことは置いておいて・・・
イベント業界の繁忙期である11月、どんなことをして私たちが過ごしているかちらっと紹介すると同時に、コロナ禍でもご相談をたくさん受けている「撮影」関係のお話をしてみましょう。

インパクト重視のエアー遊具たち

インパクト重視、といえばYouTubeの動画撮影かと思います。
動画を通して「非日常」お届けされているクリエイターさんもいらっしゃるかと思いますが、少し前にそんな一幕をお手伝いする現場がありました。

どうですか!
見てわかる通り、こんなにもエアー遊具がたくさん!
今まで仕事してきた中でも、なかなか無い体験でした。

なぜかというと、普通はこういったエアー遊具たちは
一つのイベントに対して1~2コンテンツとして用意されることが多いので
なかなか一度にたくさん遊べるように用意されることがないんです。

だから、こうやって一つの敷地にたくさん並べると圧巻・・・・

プロがなせる業、大型エアー遊具

エアー遊具も大小様々なものがあります。
なかでもさっきの写真の右手側にうつっているもの。
これは【ジャンボテーマパークランド】という商品で、なんと最大高さ6m!
高い、高すぎる・・・・

底面の黄緑色の部分でだいたい膝丈くらいになります。
とすると、その大きさのイメージがつきやすいでしょう・・・

中に入ってみても、面白い工夫がたくさんされているので大人でも楽しい。
⇓インスタグラムでも紹介しております⇓

https://www.instagram.com/p/CHe9G6ZpVQh/?utm_source=ig_web_copy_link

こんな大掛かりなもの、どうやって立ててるのか・・・
それももちろん、この道のプロがいるのでサクサクと設営しちゃいますよ
ちなみにこれ、3つに分かれていて、それをつなぎ合わせるコンボというジャンルに属します。コンボ=大型遊具、ってことなんです。

水上だけじゃない、陸でも活躍商品あり。

そして、最後に
今年の夏はそんなに出番がなかった、ウォーター関係のエアー遊具たちですが
中には陸上でも使えるものがちらほら。

その一つがこちらの【水上アスレチックエア遊具】です。
陸で遊ぶのもおもしろい。でも水上だったらもっと楽しいんだろうな・・・と
おもいながら秋空の下準備をしておりました。

※企画屋の皆さん!今から来夏のイベントに向けてご検討ください※

みんなの味方、エアー遊具

今回は以上となります。
基本的には子供たち向けのエアー遊具ですが、大人も思いっきり遊べるのは撮影関係で登場した時くらいかもしれません。
(大人が遊ぶと、体重が重いからけっこう沈むんです。なので、子供と一緒にはあまり遊ばないんです。

なのでぜひ!
撮影の企画にご利用いただき、童心にかえった姿も「非日常」ということで
動画にしてみるのも悪くないかもしれませんね。

良かったら、この記事をシェアしてください!

この記事を書いた人:

根本 麻衣子

5年目社員。 現場によく行きます。テントが張られているイベント会場にわくわくします。 運営、制作、会場施工までトータルなご相談対応をしております!

いつでも気軽にお問い合わせください!

イベント21東京支店

イベント21東京支店

Comments are closed here.