東京に強い全国対応のイベント会社

東京の舞台タイトル看板の製作 施工

くっきりした文字で見やすく、インパクトもある舞台タイトル看板。そのイベント(もしくは式典・セレモニー)の名前を示すという性質上、会場規模に応じたサイズを選ばなければいけません。書体も、その雰囲気に応じたものを拘って選ぶ必要があります。目安として当サイトでは、サイズ別価格表を掲載しておりますが、これ以外のサイズも勿論対応可能ですのでいつでもご相談下さい!

舞台タイトル看板





サイズ別価格表

高さ(H)450mm高さ(H)600mm
寸法(mm) 金額(税込) 寸法(mm) 金額(税込)
W1,800×H450 8,640 W2,700×H600 16,200
W2,700×H450 12,960 W3,600×H600 21,600
W3,600×H450 16,200 W5,400×H600 27,000
高さ(H)900mm高さ(H)1,200mm
寸法(mm) 金額(税込) 寸法(mm) 金額(税込)
W3,600×H900 27,000 W3,600×H1,200 37,800
W4,500×H900 32,400 W4,500×H1,200 43,200
W5,400×H900 37,800 W5,400×H1,200 48,600
    W6,000×H1,200 54,000


デザイン料金について

●完全入稿
0円
イラストレーターやフォトショップ等の修正無しのデータをいただける場合
●文字のみ・簡単なレイアウト
+3,240
文字のみの場合。ワード・エクセルや手書きの原稿でも構いません。
こちらでレイアウト等調整し、印刷可能データに変換します。
●文字、イラスト
画像のレイアウト
+7,560
画像や写真が入る製作の場合。素材はお客様でご用意頂きます。
こちらでレイアウト等調整し、印刷可能データに変換します。
1. ファイル形式は可能であれば(AI・EPS・PSD)等でお願いします。その他の形式でも対応可能です。
2. 出力データは原則、完全入稿でお願いします。(修正の必要がない完成された状態)
3. データ作成も可能です。その場合はデータ調整費を別途いただきます。
4. 保存形式はAdobe Illustrator / Photoshop 共にCS5まで対応。
5. データ・フォントは必ずアウトライン化してください。(文字化けする恐れがあります。)
6. 色指定はCMYKでお願いします。(RGBでは画面の色と異なった色で出力されます。)
7. 配置画像はリンク形式でお願いします。(MACをお使いの方は、ファイル名とフォルダ名を半角英数字にして入稿してください。
文字化けにより、リンクが切れてしまいます。画像データも一緒に入稿してください。)
8. 仕上がりサイズと縮尺の記入をお願いします。
9. 入稿データと一緒に、スクリーンショット等のjpg画像も送付願います。
 
組み立て方法はこちらをご覧ください!

舞台タイトル看板の設置方法
舞台タイトル看板の設置方法



舞台タイトル看板はこんなイベントに使われています!

舞台タイトル看板は講演・スピーチのある壇上で必ずといっていいほど見かけます。何かを記念する式典・セレモニーやシンポジウムなどの催事でのご使用が多く、もちろんイベント会場でも開催にあたってのご挨拶に、舞台タイトル看板は用いられます。ところで、弊社では舞台タイトル看板の製作にカッティング看板を使用しております。インクジェットよりも白黒がハッキリして立体的な文字が出力でき、この明瞭な文字が会場を引き締めてくれます。



舞台タイトル看板の使用風景

舞台タイトル看板 イメージ

セレモニーの講演会での使用イメージです。畏まった式典が行われる席では、舞台タイトル看板は雰囲気を引き締める効果があります。勿論舞台そのものも、音響機材も金屏風もお貸し出ししておりますのでご検討中の方はぜひご相談ください!

舞台タイトル看板 現場の写真

こちらは、施設の竣工を祝って行われたセレモニーでの使用写真です。壇上・舞台上は衆目が一斉に集まる場所なので、こういった式典は緊張感のある中で行われます。スピーチ台に立つ時は、事前にリハーサルもしておきましょう!

舞台タイトル看板 開所式典での写真

こちらは、屋内で開所式点を行った時に撮影した写真です。上記写真のように、吊り看板は床と天井に固定して整える事も出来ます。ご挨拶や講演をしている時、遠目からでもどういったお話をしているのかが分かるので舞台タイトル看板は便利です!

除幕式にて使用写真

セレモニーを行うアイテムの上に舞台タイトル看板があればわかりやすいですね!上記写真の会場では、とある企業様の合同除幕式を行いました。紅白ロープを引く瞬間は、やはり緊張感があります!失敗の許されない会場だからこそ、引き締まった空間作りは必要不可欠ですね。

この看板をご利用されたお客様は、以下のようなイベント用品にも興味を持たれています。


この看板は、以下のようなイベント会場で人気です。

↑このページの先頭に戻る